【旅行記】夏休みに行く家族4人バンコク旅行〜 ④ ワットポーとタイマックへ

f:id:mileman:20180809195717j:image

最終日の朝。朝食は昨日に続いてホテル内にあるMOMO CAFEで。

昨日は現地ツアーの集合時間が7時と早かったので急いで食べましたが、今日は時間があるのでゆっくりと頂きます。

f:id:mileman:20180809195835j:image

和洋中・タイ・インドと種類が豊富なので、とても美味しかったです。

f:id:mileman:20180809200146j:image

フルーツも6種類ぐらいあって、このライチに毛が生えた様なもの。ランブータンと言うらしいですが、まさにライチな味で美味しくて子供がバクバク食べてました^ ^

 

スリーピング ブッタのワットポーへ

f:id:mileman:20180809195413j:image

食事が終わり少しゆっくりして、午前中にワットポー観光へ行きます。ワットポーは初めてです。

あの寝転んだ黄金の仏像を一度は間近で観たいと思っていたので、旅の目的の一つでもあります。

さっと行って帰ってきたかったので、ホテルから直接タクシーで向かう事に。

f:id:mileman:20180809222848j:image

ホテルのコンシェルジュにタクシーをお願いしたらタブレットGRAB TAXIと言うアプリを見せてくれ時間がかかると。。やはり平日の朝は渋滞が酷くアプリが有用なのかも。(それにしても、ホテルもGRABで呼ぶのね。。)

 

※ちなみにちGARB TAXIとはUBERの様にタクシーを呼べるサービス。バンコクではメジャーなよう。

f:id:mileman:20180809223203j:plain

移動中に通ったチャイナタウン

結局、嫁さんが痺れを切らし今度はポーターの人に聞いたら、200バーツ固定ならすぐに回してくれると言う事で、そのタクシーに乗って行く事に。

ワットポー到着時のメーターは120バーツくらいだったので80バーツ高めでしたが、直ぐに乗れたので良しとします。

ワットポーは朝からでも凄い人

f:id:mileman:20180809223657j:image

ワットポーの入場料は100バーツ(120cm以下の子供は無料)。ミネラルウォーター無料券付きです。

お寺に入る時に肌の露出が多い服装はNGなんですが、Tシャツと膝上丈ハーフパンツでは特に何も言われませんでした。

f:id:mileman:20180809224032j:image

裏口の様なところでタクシーを降りたので入口の混雑はなかったのですが、寝ているブッタの建物周辺は10時前にも関わらず凄い人で賑やかでした。

f:id:mileman:20180810072131j:image

スリーピング ブッタの建物は土足禁止です。入口に袋が置いてあるので、この袋に入れて建物に入ります。

黄金に輝く巨大ブッタは大迫力!!

f:id:mileman:20180810072630j:image

間近でみる全長46メートルの黄金ブッタは大迫力です!!ブッタの前には柱があるので、頭側、足側からの斜めからしか全体を撮影できません。

f:id:mileman:20180810072741j:image

背中側に回るとこんな感じ。壁にもたれてる訳ではなく、本当にベッドで横になっている感じ。面白いですよねぇ〜。

f:id:mileman:20180810072419j:image

背中側に回ると、108の煩悩を捨てる鉢が置いてあり、20バーツでコインを購入し鉢に入れていきます。私たちも皆んなで喜捨しました。

f:id:mileman:20180810074512j:image

黄金のブッタに拝観した後は、お水を頂いて少し早めの昼食を取りに移動です。

すぐお隣にあるエメラルド寺院と言われる王宮・ワットプラケオは拝観料が500B(約1,700円)と高額というのと子供達も暑くて「ワットポーだけで充分です。。」という感じなので早速帰路につく事に。

 

チャオプラヤ エキスプレスで船旅気分

f:id:mileman:20180813100133p:plain

帰路はせっかくここまで来てタクシーで帰るのもつまらないので、チャオプラヤ エキスプレスという船(日本で言う水上バス)でBTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)駅へ向か事にします。

チャオプラヤエキスプレスはその名の通り、チャオプラヤ川を走る路線船で船の中でも急行扱いです。路線も複数ありますが、BTSサパーンタクシン駅の最寄り船着場である「サターン ピア」には、全ての船が止まります。

 

チャオプラヤ エキスプレス公式HP(英語)

Chao Phraya Express Boat

 

私たちはワットポー最寄りの「ターティエン(Tha Tien)」から「サターン」まで移動します。

f:id:mileman:20180813101124p:plain

ターティエン船着場はワットポーすぐ近くにあるのですが、現在は桟橋工事中とのことで、この路線図とは違って現在(2018年7月)は対岸(ワット アルンの前)にあります。

対岸には渡し船で行きます。3バーツ/人です。

f:id:mileman:20180818094513p:plain

f:id:mileman:20180818094258p:plain

と言うことで、行く予定のなかった”ワットアルン”も対岸に渡ったことで間近に見ることができました。(中には入っていません。)

ワットアルン前からチャオプラヤエキスプレスで移動。サターンピアまで14バーツ(約50円)/人です。

f:id:mileman:20180818095107p:plain

チャオプラヤ川を猛スピードで疾走します。暑い湿った風が東南アジアを感じます。

f:id:mileman:20180818095325p:plain

中は満員でした。もちろん座れる状態ではなく立っていたのですが、その分手すりを持って外を眺めるのも雰囲気ありました。

また各船着場の停泊時間はとても短いので降りる場所が近くなったら、乗降口付近に移動することが大切です。

ただ私たちが降りるサターンは大半の観光客が乗り降りするのでまだ乗降時間に余裕があります。

タイのマクドナルドへ

f:id:mileman:20180818120451p:plain

合掌ドナルド

家族旅行に行くとその国のマクドナルドへ行くのが我が家の定番になっています。その国によって違いがあって楽しいんですよねぇ。

チャオプラヤエキスプレスをサターン ピアで降りて、BTSサパーンタクシン駅の近くにロビンソンと言うデパートがありその1階にあるマクドナルドで昼食を取ることに。

f:id:mileman:20180818143904p:plain

場所的にも観光地ではないのでローカルな雰囲気。店内も空いていて、日本と同じように高校生が勉強をしたり談笑していました。

f:id:mileman:20180818144208p:plain

f:id:mileman:20180818144136p:plain

f:id:mileman:20180818144411p:plain

メニューはガパオライスや日本では見ないようなポテトなどたくさんあったのですが、みんな普通にバーガーが食べたいと言うことで、クラシックアンガスバーガーのセットを。209バーツ(約710円)

f:id:mileman:20180818143325p:plain

価格は日本と変わらないですが、物価の差を考えると高いですね。あと追加で頼んだ”コーンパイ”これなかなかイケてました。往年のベーコンポテトパイを思わすような、僕の好きな味。コーンクリームをもっと濃厚にしたような感じでしょうか。

f:id:mileman:20180818145331p:plain

5歳の長女はタイに来てもハッピーセットを注文して貰ったおもちゃがこちら。日本でも同じのあったかなぁ?キティーに大喜びでした^^

タイ マクドナルドのHP(英語)

 

ホテルへ戻ってレイトチェックアウト

f:id:mileman:20180818145720p:plain

サパーンタクシン駅周辺はバンコクらしい街並み

f:id:mileman:20180818145940p:plain

BTSから見たバンコクの街並みは大都会

マクドナルドで食事を済ませたあとは、サパーンタクシン駅からホテル最寄り駅のラーチャダムリ駅へ戻り、16時のチェックアウト時間までホテルで一休みです。

 

実質最終日の今日は、夜までバンコクを満喫して帰国の途へつきます。

 

この続きは次の記事へ

イニエスタが来た!!夏休みはJリーグを実質2ヶ月無料で観よう!!

f:id:mileman:20180526063717p:plain

本当にイニエスタJリーグ ヴィッセル神戸にやって来ましたね!!サッカーファンじゃない人でもイニエスタって名前は聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

もちろんサッカー経験者の僕としてはいまだに信じられないくらいの大事件です^^

 

そのイニエスタが所属するヴィッセル神戸の試合はDAZNで毎試合生放送中です。

f:id:mileman:20180815085131p:plain

そのDAZNに加入すると1ヶ月無料となるのですが、ポイントサイト ライフメデイアから申し込むと1,890円相当のポイントバックされるので、実質2ヶ月無料でDAZNを観ることができます。 

f:id:mileman:20180815090341p:plain

2018年ロシアW杯でもスペイン代表として出場したイニエスタと、元ドイツ代表のポドルフスキーの共演。

2人の共演が観れるJリーグも含めて、プロ野球、大リーグ、テニスや自転車、ダーツなどもあります。色々なスポーツが観れてほんと飽きがきません。

f:id:mileman:20180815085740p:plain

f:id:mileman:20180815085825p:plain

実質2ヶ月無料なので、夏休み暇をしているなら!!イニエスタ!この機会を是非ご利用ください^^

ポイントサイト ライフメデイアにまだ登録されていない方はこちらから申し込みください。 

 

会員登録済みの方はこちらからどうぞ

 

↓↓ ポチッとお願いします!!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

【旅行記】夏休みに行く家族4人バンコク旅行〜 ③ フードコートでコスパOKご飯

ツアーから帰って来てリフレッシュタイム

f:id:mileman:20180807194337j:image

現地ツアーからホテル到着後、早速水着に着替えてプールへGO!!です。大人たちは休む間もありません^^;

コートヤード のプールはこじんまりとしていて、プールを利用する人がいなくほぼ貸切状態です。

f:id:mileman:20180807200432j:plain

午後になるとスコールが。

1時間くらいプールで水遊びをして、心身共にリフレッシュ出来たところで、部屋に戻って更に1時間ほどは親子共々お昼寝タイムです。

無理ないスケジュールで予定を組む!!我が家の旅行で鉄則です。

昔は詰め込んでよく帰宅後に子供が熱出したりしていました。

 

夕食はMBKセンターのフードコートで!

2日目の夕食はフードコートで食べようと決めてましたので、安くて美味くて大きなフードコートがあると言うMBKセンターへ向かいます。

f:id:mileman:20180807195237j:image

ホテルから駅へ向かう時は歩いても良いのですが、ホテルの無料トゥクトゥクが便利です。僕たちも多様しました。子供達も大喜びです^ ^

ラーチャダムリ駅かチットロム駅まで送ってもらえます。(チットロム駅方面は渋滞しているので、僕たちはいつもラーチャダムリ駅へ行っていました。)

f:id:mileman:20180807195554j:plain

お札の使える券売機。ほとんどの券売機はコインのみです。

この時点で丸1日ほどしか滞在していないのにタイにもだいぶ慣れて来ました。

BTSMBKセンターの最寄駅ナショナルスタジアム駅へ向かいます。

f:id:mileman:20180807200554j:image

ナショナルスタジアム駅までは、2駅なのであっという間に到着。ほんとBTS便利です。

f:id:mileman:20180808181040j:image

東急百貨店が入っている他にも専門店がいっぱい。スマホ・デジカメなどの家電やどう見ても偽ブランド品?を売ってる店も。こう言うごった煮感があるショッピングセンターもアジアっぽくて好きです^ ^

フードコートは6階の奥へ。専用カードにチャージしてお支払い

f:id:mileman:20180808183024j:image

フードコートはMBKセンターの6階。この写真からさらに奥の方にあります。

f:id:mileman:20180808183158j:image

フードコートは全てこ店で専用カードで払う必要があるので、まずは入口にあるこのキャッシャーで専用カードを貰い、お金を払ってカードにチャージしてもらいます。

余ったら返金できるので、多めにチャージしました。

f:id:mileman:20180808183627j:image

とても広いフードコートです。掃除も行き届いていて、清潔感がありましまた。

食べ終わるとお皿などは下げてくれます。

f:id:mileman:20180808184110j:plain
中華やカレー、日本食など種類も豊富なのですが、ここでもまたガパオライスを食べました

f:id:mileman:20180808185504j:plain

ガパオライス 60バーツ (約200円)

 

写真撮る前に娘に食べられる (汗)

f:id:mileman:20180808185700j:image

デザートは山盛りのマンゴー。

これ、もともともち米とセットで売っていたのですが「もち米抜きで!マンゴー オンリー!!」と注文したら、マンゴー山盛りにしてくれました。

生のマンゴーを安い価格でこんなに食べれるのもタイならでは。

値段は忘れちゃいましたが安かったと思います。見た目雑ですが、とても美味しかったです。

(次回は是非マンゴータンゴへ行ってみたい!!)

Tops marketでお土産を買う

f:id:mileman:20180809072621j:image

G階にはTops marketと言うスーパーマーケットがあり、私たちはここでばら撒き用のお土産(タイ限定のコアラのマーチやポッキーなど)を買いました。

タイってハワイと違ってばら撒き用のお土産が少ないんですよねぇ。まだまだ日本人観光客が少なくて需要が少ないからかも知れませんが、もっと種類を増やして欲しいですねぇ!!

帰りはMBKセンターのタクシー乗り場からが便利

f:id:mileman:20180809074711j:image

f:id:mileman:20180809074721j:image

帰路はタクシーで。MBKセンターのタクシー乗り場は、受付チケットを取って番号を呼ばれるのを待ちます。

何故かエコーがバリバリに効いたマイクで、番号を呼ばれるのを待ち、呼ばれたらチケットを渡して行き先を係員に伝えると、タイ語でタクシー運転手に伝えると言うスタイル。

変なタクシーを捕まえる事がないので(多分)安心だと思います。乗ったタクシーの運転手も優しくてとても良い人でした。

 

MBKセンター。私には紹介しきれないので詳しくは下記リンクを参照ください。

明日はもう最終日

明日はタイ3日目。3日目の深夜には帰るので2泊4日ですが、実質明日が最終日。

明日はワットポーへ行って、アジアティークでショートナイトクルーズに参加です。

楽しい日々はあっという間です。

 

次の記事はこちら 

 

ホノルル片道13,900円!!スクートでセール開催です

f:id:mileman:20180810114157j:image

今月も来ました。毎月10日はスクートの日。片道13,900円からホノルルいけちゃいます。LCCでホノルル。チケット空きがあったらすぐGETしましょう!!

 

販売期間:2018年8月10日11時から 8月14日 まで

搭乗期間:2019年1月31日まで(年末年始除外あり)

 

対象路線(片道)

・関西 ~ ホノルル 13,900円~

・関西 ~ シンガポール 10,900円~

・成田 ~ シンガポール 13,900円~

・成田/関西 ~ バンコク(ドンムアン) 10,900円~

・成田 ~ 台北(桃園) 7,900円~

etc...

スクートは燃油サーチャージ、諸税費不要!!

その他、詳しくはスクートHPにて

 スクートの日。飛んじゃえセール

 

LCCや特典航空券でお得に行くビーチリゾート。

こちらの記事も参照ください。 

www.mileman.info

 

私はスクートに大変お世話になっていて、2016年冬に台湾、2018年夏にバンコク旅行に利用させてもらいました。

ハワイだけでなく、成田からだと台湾やタイ・シンガポール

空席あったら即ゲット!!です^^

 

痛恨のポイント移行ミス!!2018年7月のANAマイル・ポイント獲得は・・・

f:id:mileman:20180809073157j:image

ブログ開始から7ヶ月が経ちました。25,000マイルからスタートして約11万5,000マイル

 

前月比+1,800マイル。。。

 

そう予定では18,000マイルを積み上げる予定だった。。んですが、メトロポイントからのポイント移行一桁少なく間違えてしまいました。

f:id:mileman:20180809082003j:image

今月は慎重に20,000ポイント(18,000マイル)交換完了。来月は予定通り+18,000マイル予定です^^;

 

獲得マイル数

f:id:mileman:20180810052321p:plain

 という事でプラス1,800マイル。。のみ

今月はこの後さらにメトロポイントも追加されるのであと2回分は毎月18,000マイルプラス出来そうです。

 

2018年度のANAマイル貯め方はこちらの記事も参照に。。 

 

7月の申し込みポイント案件(大型案件のみ)

 ポイント付与タイミングが案件により異なるので、ポイントは申し込みベースで計算です

セディナゴールドカード発行
モッピー 11,000ポイント (11,000円相当)

 今月も先月に引き続き1件のみです。

日々ポイントサイトは見ているのですが、ここ最近はなかなか申し込もうと思う大型案件がないのが実情です。

ポイント申し込み合計

・2018年7月 ポイント申し込み 計  11,000 円相当

 

今月もあっと言う間に1ヶ月経ってしまいました。8月こそはもっと増やしたいですが、出てくる案件次第ですかねぇ。

また"からだリフレ"のような案件が出てきてくれないでしょうか。。^^;

ポイントを全て移行できれば16万マイル達成!!

メトロポイントから順調にANAマイルへ毎月18,000マイル移行すると、11月には16万マイル。移行中のポイントも含めると16万マイルを超えました。

遂に「再びハワイに行く」事が現実味を帯びてきました^^

その他。プリンスポイントでプール入園券GET!!

尚、コツコツためたプリンスポイントで今月も無料チケットに引換ました。先月はホテル無料宿泊券だったのですが、今月は「プール利用券」です。

大人2人子供2人分。計3,000ポイント分(6,000円相当)を利用。大磯ロングビーチとしまえん西武園遊園地のプールで使えます。

大磯ロングビーチの入園料(※)は、大人3,200円、子供(小学生) 1,700円、子供(幼児) 850円 なので、実質8,950円分となります。自腹で払うと結構な金額なのでポイント使って無料で行けるのはありがたいです^^

※上記金額は「プリンスクラブ」へ入会(無料)した人の金額です。

 

ポイントサイトでポイント貯めてプリンスホテルに無料で宿泊する方法はこちらから。

 来週から1週間は仕事も夏休み。暑さにめげずに時間を作ってブログ・ポイント活動をしたいと思います。

 

マイル貯蓄の過去記事はこちらから

www.mileman.info

 

↓↓ ポチッとお願いします!!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

【旅行記】夏休みに行く家族4人バンコク旅行〜 ② メークロン市場と水上マーケットへ

f:id:mileman:20180806151657j:image

バンコク2日目。今日は朝から現地ツアーに参加します。

ツアーはJTBマイバス「メークロン市場と水上マーケット観光」

ふるさと納税でGETした、JTBトラベルギフトカードを利用しました。

※私はこのカードを持っていたのでJTBで購入しましたが、他の会社でも同じような現地ツアーがたくさんあります。おススメはベルトラです。

(ベルトラリンク)

ツアー待ち合わせホテルへ

f:id:mileman:20180806152740j:image

ツアー集合時間は朝7時。出掛ける支度をしてホテルで朝食を済ませ、ツアー待ち合わせ場所のデュシタニホテルへタクシーで向かいます

f:id:mileman:20180806153126j:image

デュシタニホテルは、僕たちが泊まっているホテルとは全く違う大きなホテルで、広いロビーで待っているとJTBのシャツを着た日本語が喋れるタイ人の方がお迎えに来ました。

この白いトヨタ ハイエースでメークロン市場へ向かいます。

ツアー参加者は私たち4人と、うちの長男と同じ歳くらいの女のお子さんを連れた家族連れの方のみで、のんびりとした感じです。

 

メークロン市場までは80分の移動

f:id:mileman:20180806154830j:image

クルマはバンコク市街地を抜け郊外へ。35号線という、信号のないバイパスの様な道路をひた走ります。

外の風景を見るていると、一面田んぼの様な風景に変わり、走ってるクルマもピックアップトラックが増えてきます。

f:id:mileman:20180806154713j:image

途中休憩はなく約80分。バイパスから降りると直ぐにメークロン市場前に到着しました。

すごい人!!香りもアジアなメークロン市場

f:id:mileman:20180806155038j:image

9時にメークロン市場に到着。列車が来るのは30分後の9時半。9時40分に集合となっています。

メークロン市場で有名なのは、線路脇にお店が並んで、電車が来ると売り物や屋根を畳んで、電車が通り過ぎると何事もなかったかの様にまた商いが始まると言うのが見所なのですが

f:id:mileman:20180806155608j:image

なにせ凄い人々。僕たちが行くぐらいなので当たり前ですが、もういる人の90%以上は観光客に見えます。

f:id:mileman:20180806155516j:image

f:id:mileman:20180806155846j:image

魚やカニなどの魚介類や、ドリアンや見たことないフルーツなど市場で売っているものは多種多様です。

f:id:mileman:20180806155920j:plain

個人的に印象的だった魚。首が曲がったパートゥー。わざと首を折っているらしい。。

 

この日本では嗅いだ事の無いような、市場独特の匂いが、長男はどうもダメだったみたいで途中、嗚咽で涙目になる程で。。

電車が来るまで市場から少し外れたところにあったセブンでジュースを買って少し休憩。

f:id:mileman:20180806164811j:image

そうこうしているうちに列車が来る時間に。

お店は屋根を畳んで、商品にブルーシートを掛けて通過するのを待ちます。

f:id:mileman:20180806165250j:image

通過といっても、なにせ人だらけなので止まったり進んだりしながら歩く速度ぐらいで少しずつ進む感じ。

f:id:mileman:20180806165439j:image

f:id:mileman:20180806165453j:image

通り過ぎるとすぐにお店再開。またいつもの市場風景になります。

こんなに近くを列車が通り過ぎるなんて初めて。とても迫力がありました。

面白いですね。これも日本では見れない光景だなぁと思います。

 

次は水上マーケットへ

f:id:mileman:20180806171833j:image

9時30分に列車到着後。10分後には次の目的地へ移動です。

ココナッツファームにちょい寄り

f:id:mileman:20180806173547j:image

移動して10分。トイレ休憩兼ねてココナッツファームに寄ります。周りを見渡せばヤシの木だらけで、この一帯全てヤシの木との事でした。

f:id:mileman:20180806172612j:image

f:id:mileman:20180806172756j:image

ここでパームシュガーの造っているところを見学。出来たてのパームシュガーを試食させてもらいとても美味しくかったです。

ただあくまで作っているのはお土産屋の裏で作ってる感じなので、まあここはツアーによくあるトイレ休憩兼お土産屋さんに寄ったと言う感じですかね。

※こう言うところによるとお土産を買ってしまいたくなりますが、水上マーケットにお土産やさんが沢山ありました。

水上マーケットには舟で向かう

f:id:mileman:20180806173808j:image

そしてここからさらに20分ほどクルマで移動して水上マーケットに向かう舟に乗り換えます。

f:id:mileman:20180806174009j:image

この舟。凄いスピードで狭い水路を疾走します!!一つ間違えれば転覆しそうな怖さのある、まさにアトラクションです。

約30分ほど水路を疾走。ツアーのメインではないのですが、家族一同これが一番盛り上がってました^ ^

水上マーケットは多くの舟で大渋滞

f:id:mileman:20180806174520j:image

f:id:mileman:20180807080927j:image

10時半ぐらいに水上マーケットに到着。私たちはマーケット入口でサッと降りれたんですが、その先にある水上マーケットの舟乗降場は大混雑。全く動かない状態でした。

f:id:mileman:20180807075754j:image

地上に上がりとりあえず少し休憩。ココナッツアイスがとても美味しかったです^ ^

f:id:mileman:20180807080225j:image

水上だけではなく地上のマーケット(と言うか、お土産屋さん)にも沢山の人。。

ただここでは1時間ぐらいの自由行動なので、お土産を買ったり、マーケット散策をして楽しみました。

お土産は値札の付いている店で買う!

お土産屋さんは、かなり値段をふっかけてきます。

基本同じものがあちこちで売っていますので、急いで買わずに他のお店も良く見てください。

私たちは値段交渉して「安く買えたぞ!!」って喜んでいたら、その先に値札が貼ってる店があって、そこは更に安い値段でした(汗)

私はこの辺もアジアらしい感じで好きです。

 

川沿いの小洒落たお店でタイ料理を

f:id:mileman:20180807081420j:image

この現地ツアーは昼食付きです。昼食はマーケットから20分ぐらい。幹線道路から細い脇道に入って、本当にこんなところに店があるの?と言うところに、川沿いの小洒落たレストランがありました。

f:id:mileman:20180807081622j:image

屋外の川沿いテラス席で頂くタイ料理。

f:id:mileman:20180807081857j:image 

料理は次々と運ばれてきます。あまり辛くなかったので子供達も沢山食べる事が出来ました。

ちなみに飲み物は別料金でした。

f:id:mileman:20180807082101j:image

暑いなか扇風機と川風に吹かれながら食べるタイ料理はとても雰囲気があって良かったです!!

私たちは来たのが早い方だったようで、食べていると続々と観光客が来て、帰る頃には満席になっていました。多分、人気のお店なんだと思います。

f:id:mileman:20180807192511j:image

食事が終わればもう帰るだけ。帰りの車内では疲れてか皆んな寝ていました。

渋滞も殆どなくほぼ予定通りの14時半にデュシタニホテルへ戻って来ました。

今回お世話になったJTBマイバスの現地ツアー。他社にも同様なツアーが沢山あり、価格はもっと安いのですが、楽しくて嫌な思いは一切なくコスパ的にも悪くない感じでした。さすがJTBおススメです。

 

この日は早朝から活動していた事もあり、ホテルに帰って来てもまだ15時です。

残りの時間は、ホテルのプールで遊んだり、MBKセンターに行ったりしましたが、また次の記事にしたいと思います。

続きはこちらから

 

【旅行記】夏休みに行く家族4人バンコク旅行〜 ① 家族初タイでタイスキに癒される

f:id:mileman:20180806091451p:plain

3日目に行ったワットポー

2018年7月。小学生の子供が夏休みになった初日。成田空港からLCCスクートで家族4人タイ バンコクへ向かいました。

マイルを貯めて再びハワイへ!とか言ってるのに今回なぜバンコクか??

それは僕が18年前の学生時代バックパッカーとしてこの地を訪れたとても思い出深いこの街に、いつか家族が出来たら是非1度は連れ来たいと思っていたところに

f:id:mileman:20180804173957j:plain

2000年のバンコク カオサン通り

スクートのセールで、夏休み旅行を予定していた日程でたまたま割安な航空券があったから、いざバンコクへLet’s Go!!

と言うことになりました^ ^ これもLCC様々ですねぇ。

旅の日程

1日目:夕方にバンコク着。夕食はタイスキを。
2日目: 現地ツアー参加。メークロン市場、水上マーケットへ。
3日目:ワットポー参拝。夕方にナイトクルーズ後、深夜便で帰国。
4日目:9時に成田空港着

帰路が深夜発できついですが、それに向けて少し工夫したり、帰国後は午後は自宅でゆっくりできたので、翌日の仕事に影響がなかったのは良かったですね。

LCCスクート搭乗記についてはこちらの記事をご覧ください。

 

成田から出発!!

f:id:mileman:20180804174740j:plain

成田第2ターミナル

今回乗る飛行機は、スクートTR869。成田第2ターミナルから10時出発です。

自宅を5時半に出発し空港に7時半に到着

小学生が夏休みに入った最初の土曜日。成田はさぞかし混んでいるかと思いましたが、思ったよりも空いていて、すんなりとチェックイン・出国審査も完了しました。

f:id:mileman:20180806092654p:plain

到着が30分遅れたので出発も10時半に

バンコクへは約6時間程度のフライト。機内食は有料なので搭乗前に少し早い昼食を搭乗口近くにある吉野家でとってから乗り込みました。

1時間遅れでドンムアン空港(DMK)に到着。ホテルへ向かいます

f:id:mileman:20180806093059p:plain

沖縄近辺に台風が接近していた為か、フライト時間が予定より30分伸びて結局到着したのは現地時間16時

ここからタクシーで直接ホテルへ向かう予定だったのですが、長男がバスに乗りたいという事で、急遽エアポートバスでBTSモーチット駅を目指すことにしました。

事前に調べていたエアポートバス乗り場に向かいA1番のバスに乗り込み、タイミングが良かったのか私たちが乗り込んだらすぐに出発しました。

※A1バスは5分間隔ぐらいで来ます

エアポートバスでいきなりタイらしさを感じる!

f:id:mileman:20180806093452p:plain

車内はガラガラ。乗り込むと係員が運賃を回収しにきます。1人30バーツ。約100円くらいでしょうか。後ろの方に座ると「前に座れ!!」と怒られてしまいました。(後ろガラガラだったのになぁ〜。。)

ここからモーチット駅まで高速道路経由で30分ほどです。

また日本のバスと違って、走っている状態で扉を開け閉めします!!特にお子さん連れの場合は注意してください!!

f:id:mileman:20180806094000p:plain

BTSモーチット駅前

係の方が「モーチットォ〜!!」っと叫ぶとモーチット駅前です。旅行者らしき人はほとんどここで降りるので、そんなに心配する事はないと思います。

バスを降りると、すぐ目の前にモーチット駅へ続く階段がありますので、それを登れば駅に到着です。

「子連れでバス大丈夫かなぁ〜」と思っていましたが全然問題ありませんでした。

 

BTSの自動券売機はコインしか使えない!

f:id:mileman:20180806095946p:plain

ここからホテルの最寄駅であるラーチャダムリ駅へ向かいます。切符の買い方をあまり調べていなかったので、ここで少し手こずりました。

自動券売機で切符を買おうとしたのですが、お札を入れるところがありません。どうやら最初にお札を硬貨に両替をしてから切符を自動券売機買うというスタイルのようでした。

※一部の駅にはお札が使える自動券売機もありました。

f:id:mileman:20180806095400p:plain

モーチット駅からホテルのあるラーチャダムリ駅までは33バーツ、途中乗り換えも含めて30分ほどで到着です。

車内は涼しくて快適。中心地に近くにどんどん人が増えてきましたが、日本の通勤電車ほどは混雑しませんでした。

f:id:mileman:20180806100917p:plain

サイアムは渋谷のよう

途中、サイアム駅でシーロム線(青線)に乗り換え。乗り換えは同じホームの向かい側なので簡単です。

サイアム駅で乗り換えを待っている時のホームから見る景色は、ほんとここはタイ?と思ってしまうほどの洗練された大都会でした。

18年前はまだBTSもなく、通りにトゥクトゥクや車が溢れて雑踏としていましたが。。

ホテルには18時前に到着

f:id:mileman:20180806102703p:plain

ホテルには着いたのは18時前。到着が遅くなった為か部屋のアップグレードをお願いするも「空きがない」との事。

ちょっとアップグレードを期待して狭い部屋をとっていたので残念でしが、それでも小さい子供2人連れの僕たちには問題のない部屋の広さでした。

泊まったホテルの詳細はこちらを参照ください 

飛行機到着が遅れたこともあり予定より遅くなってしまいましたが、夕食までの小一時間ぐらい部屋で少し休憩です。

夕食はタイスキ!!

今日は移動で疲れていたのでホテルで夕食を食べても良かったのですが、妻が「せっかくタイに来たからにはタイスキが食べたい」というので、サイアムにあるMKレストランへ向かいました。

f:id:mileman:20180806105556p:plain

ホテルのあるラーチャダムリからサイアムまでは1駅。という事で歩いて行く事にしました。

途中からは道路上にある歩行者用の高架橋を歩るいて行くので、子連れ徒歩でも車の心配がなく安心。

f:id:mileman:20180806110223p:plain

f:id:mileman:20180806104826p:plain

徒歩20分ぐらいでMKレストランに到着。

タイスキを食べたいと店員に伝え、3階の座席に案内されます。

オーダーはタッチパネルから。メニューも英語が選べるのでタイ語がわからなくても問題なし。

タイスキって全然辛くないのですね。エビなどの魚介の味が濃厚で、魚介付きの長男は大満足。

疲れた体に日本の鍋にも似た優しいタイスキの味は”ほっと”できるものでした。

場所はBootsというドラックストアの上。

 

MKレストランはサイアム近辺にも複数あるのですが、ここのMKレストランは2階が普通のファミレスで3階がタイスキ用となっておりました。

また、観光客にはマイナーな店なのか、観光客らしき人は私たちぐらいで、店員も英語が通じないといったお店でした。その代わり空いていてすぐ座れたので良かったです。

f:id:mileman:20180806110908p:plain

エラワン廟

帰りは夜の街を少し散策しながらホテルへ歩いて帰りました。途中、ホテルの近くにエラワン廟があったのですが、日中はすごい人でごった返しているので、結局最後まで行かず仕舞いでした。

こうして1日目は夜に少しぶらぶらした以外は、ほぼ移動でした。2日目は朝から現地ツアーに参加して、バンコク市街を飛び出し、"メークロン市場"と"水上マーケット"を巡ります

楽しみです。

 

次の記事はこちら↓↓

全費用公開!!LCCで行くバンコク家族4人旅行

f:id:mileman:20180803090900j:plain

現地ツアーで行ったメークロン市場

LCCで旅行すると安い!と思ってはいるけど、結局全体でどの程度かかるのか??

今回、私たち家族4人(大人2人、子供2人)が2018年7月21日(土)〜24(火)の2泊4日旅行した際の全費用とその内訳をご紹介します。子連れでバンコクを考えている方のご参考になれば幸いです^ ^

※なおこの記事では、3.4円/THB(タイバーツ)で計算しています。 

 ① 航空券(成田 - バンコク往復)

f:id:mileman:20180805091658p:plain

 10,3136円 (4名分) 

私はスクートなど各LCCにメールアドレスを登録していてセール前になるとお知らせメールがきます。

今回はそのセールのお知らせで、お得な航空券情報をいち早く入手し夏休み前に航空券が安く取れそうだったので即GET!!しました。

スクート航空券取得情報などはこちらの記事も参考にしてください

② ホテル宿泊費

f:id:mileman:20180805092322p:plain

 23,449円 (2泊分) 

今回宿泊したホテルは、コートヤード  バイ マリオット バンコク(COURTYARD BY Marriott Bangkok

バンコクのホテルは比較的リーズナブルです。1泊1万円代で結構良いホテルに泊まる事ができます。

私たち家族はホテルに豪華さは求めていませんが、初めてのタイ、子連れという事もあり周辺の治安やホテルの安全度などは気にして決めました。子連れではある程度は

宿泊したホテルの詳細はこちらの記事を参照ください

 

海外旅行保険

0円

昨年ハワイへ旅行していますが、その時から海外旅行保険はクレジットカード付帯保険でまかなっています。ただしどのクレジットカードでも良い訳ではありません。

私が持っているそのカードとは”セゾン ゴールド アメリカンエキスプレスカード”

海外旅行保険は本人だけでなく家族も補償され、自動付帯。クレジットカードを持っているだけで補償されます。

これまた詳しくはリンク先の記事を参照ください^^ 

④ 現地ツアー参加代

f:id:mileman:20180805153646p:plain

水上マーケットへ

38,600円

現地での観光。何をするか家族皆で考えました。で決まったのは以下の2つです。(料金は全て家族4人分)

線路市場と水上マーケットツアー   8,400THB + 手数料 (約30,000円)

ナイトクルーズ(ヨドサイアム) 2,500THB (8,600円)

線路市場(メークロン市場)の現地ツアーは、ふるさと納税でGETしたJTBトラベルギフトカードを利用しJTB店舗で購入しました。

もしトラベルギフトカードがなければ、同様なツアーで価格が安いベルトラのツアーにしていたと思います。

ナイトクルーズは"パンダバス"という現地ツアー会社をネット予約で利用しました。

⑤ 通信代(SIMカード

1,100円

私と妻の2台分。2人ともSIMフリーiPhoneです。AmazonでAIS TRAVELLER SIMカードを利用。

タイについてSIMカードを差し替えるだけで利用できました。

通信速度も早く、ホテルではwifiを利用したので3GBでも不足することはありませんでした。(むしろ私が日本で使っているBiglobeSIMより速度は早かった。。)

⑥ 現地移動代

f:id:mileman:20180805112528j:image

約5,000円

現地移動はタクシーとBTSと船を利用しました。船が市民の足になっているところがバンコクらしいですね。

物価が安いタイですがBTSは切符が高くて、家族4人だとタクシーの方が安い場合が多いです。

ただ渋滞の多いバンコクBTSの方が時間が読め早いので便利で多用しました。

・タクシー 合計700THBぐらい
BTS 合計500THBぐらい
・船 300THBぐらい

ちなみに空港からホテルまでの移動費は

往路:空港バス(30THB/人)+BTS(33THB/人) × 4人 = 254THB
復路:ホテルで予約したタクシーを利用 400THB固定(高速代込み)

でした。

 

⑦ 食費

約7,000円

現地での食費は主に昼夕食代となります。2日目夕食はMBKセンターのフードコートで食べましたが、安くて種類豊富。噂通り良いところでした。

また飲み物やスウィーツなど買ったりしましたが基本的にそれほど高くないので、計算していません。

1日目

f:id:mileman:20180805114803j:plain

MKレストランでタイスキ

夕食:MKレストラン タイスキ 1,200THB

2日目

f:id:mileman:20180805115122j:plain

MBKセンターのフードコート

朝食:ホテルでビュッフェ (無料)
昼食:現地ツアーで昼食 (ツアー代に含む)
夕食:MBKセンター フードコート 200THBぐらい

3日目

f:id:mileman:20180805115417j:plain

マクドナルド

朝食:ホテルでビュッフェ (無料)
昼食:マクドナルド 600THBぐらい
夕食: ホテルラウンジ (無料)、ナイトクルーズで済ませる

 

⑧ その他

約13,000円

成田までの高速・ガソリン代(約10,000円)、空港駐車場 (2,900円 4日間)

成田での駐車場はいつもこちらの駐車場を利用してます。

まとめ

家族4人でLCCを使ったバンコク泊4日の費用は 

合計:約20万円 也

 1人5万円計算ですね。計算してみるとツアーで行くのと同額か少しかかったぐらいでしょうか。

結果、劇的に安いと言うわけではなかったです。

ただ自分で選んだ分、旅の自由度は増しますね。

バンコクへの旅は、思ってたより全然治安も良くて、子供達も異文化に触れ楽しかったようです。

私も18年ぶりに行きましたが、短い期間であの時とはまた違ったタイを満喫する事ができました。

家族連れ旅行はまだまだ少ないタイ・バンコクとは思いますが、次の家族旅行の選択肢として魅力的な候補だと思いますよ^^

 

初年度年会費無料!!セディナゴールドカードで11,000円相当ポイントゲット!!

f:id:mileman:20180803054958p:plain

 久しぶりのクレジットカード案件への申し込みです。ポイントサイトのモッピーセディナゴールドカードを発行・利用すると11,000P(11,000円相当)をGETです。

 

セディナゴールドカードとは

f:id:mileman:20180803055614p:plain

WEBからの申し込みで初年度年会費無料。翌年度以降も年会費6,000円と他のゴールドカードと比べてお得です。

このカードの特徴としては、空港ラウンジ利用などもありますが、「旅行保険自動付帯」「海外キャッシング手数料が安い」という点です。

国内・海外旅行保険が自動付帯

f:id:mileman:20180803060505p:plain

国内旅行で最高5,000万円、海外旅行なら1億円の傷害保険が自動付帯しています。自動付帯ということはカードを持っているだけで補償されます。また家族も”家族特約”で同様に補償されるのでお得です。

ただこのカードと同じように自動付帯/家族特約があり、より高額補償があるカードがあります。私も持っています。

詳しくは下記記事を^^

海外キャッシング手数料がお得

f:id:mileman:20180803213205p:plain

海外旅行で現地現金を得るには、日本円現金を両替するか、ATMで海外キャッシングするかです。

海外キャッシングでは現地で手軽にお金を引き出せる(借りれる)のですが、実は借りた金利以外に手数料がかかっています。

手数料は現地ATM利用料とクレジットカード手数料の2種類。前者は他クレジットカードでも手数料無料が多いですが、後者は有料(100〜200円程度)である事が多いです。

そこが、このセディナゴールドカードは手数料がATM利用料・クレジットカード手数料ともに無料でお得です。

しかもネットから繰上げ返済できるので(Pay-easy利用)借りた後に支払日を待たずして返済できます。

 

11,000Pは8,910ANAマイルに

f:id:mileman:20180415134145p:plain

ポイントサイトモッピーで取得したポイントは、ポイント交換でANAマイルに交換する事ができます。

詳しくはこちらの記事を参照ください

 

モッピーへの登録がまだの方は下のモッピー画像クリックで登録を

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピー登録済みの方はこちらから

申し込みに際しての詳細

広告の詳細
《特徴》
 初年度年会費無料
 リーズナブルで普段使いにも強いゴールドカード
 ハローキティデザインもご用意しています。
 ・POINT WALLET VISA PREPAIDへのクレジットチャージ手数料無料

《サービス》
 ・全国のセブンイレブン、イオン、ダイエーで最大1.5%ポイント還元
 ・マルエツ等の各店舗で毎月第2・第4日曜日5%割引
 ・ネットショッピングで毎日最大10.5%ポイント還元
 ・年中無休でご利用いただける空港ラウンジサービスをご用意しています。

※記載のサービスは2018年2月現在のものです。
 最新のサービス内容は株式会社セディナの公式サイトでご確認ください。

ポイント獲得の条件


【獲得条件】
新規カード発行後、翌月10日まで(10日を含む)に5,000円(税込)以上のショッピング利用

※お申込み完了日の翌月10日まで(10日を含む。)にカードショッピングを合計5,000円以上(税込)ご利用された方のみ対象
※※キャッシングのご利用はカードショッピングのご利用に含まれません
※初めて「株式会社セディナ」の発行するカードに申込みされる方が対象
※カード発行に関する入会審査等の遅れにより、カード発行日がお申込み完了日の翌月5日以降となった場合は、カードショッピングのご利用期間をカード発行日から5日以内へ延長となる場合があります
※カードショッピング加盟店の売上伝送処理遅延等により、お申込み完了日の当月月末までにカードショッピングのご利用が(株)セディナで確認出来ない場合は、ご利用確認が次月扱いとなる場合があります
※・カード申込に伴い(株)セディナが取得するメールアドレスについて、本特典提供のために限り、当サイトにて利用される場合があります。

【獲得対象外】
※カード発行に至らない場合
※カードショッピングのご利用を取消または返品された場合
※カードのお受取りをされない場合
※お申込み完了後にカードの解約がなされた場合
※同一IPからの登録
※不備・不正・虚偽・重複・いたずら・キャンセル・即時解約
※複数枚同時にお申込みされた方
※お申込み完了後にカードの解約がなされた場合
※カードショッピングのご利用を取消または返品された場合、
※カードのお受取りをされない場合
※預金口座振替設定の不備

【広告の使い方】
広告サイトへアクセス→申込→必要事項の入力→入力内容の確認→登録→本人確認→審査→カード受取→翌日10日まで(10日を含む)に5,000円(税込)以上のショッピング利用→カード発行後の利用完了!

 

LCCスクートで行く”成田-バンコク”搭乗記

f:id:mileman:20180729174135p:plain

スクート(Scoot)は5つ星エアライン シンガポール航空LCCです。日本ではまだマイナーですが、以下の理由で私のブログでは度々オススメさせて頂いています。

今回成田からバンコクへ行きましたが、関空からはホノルル路線も出ています。しかも片道1万円程度で行けるんです。そこもオススメの理由です。

スクート オススメ理由

・最新のボーイング787を利用

JALなどの他フルサービスキャリアと同じターミナルから発着
 (LCC専用ターミナルは利用しない)

LCCだけど座席足元は31 inchANA,JAL国内線エコノミー同等)と広め

シンガポール航空が親会社で安心できる

関空からはホノルル路線が片道1万円程度で飛んでいる!

 

今回は2016年クリスマスに行った台湾旅行ぶりにスクートを利用したので、そのレポートをしたいと思います。 

セールを狙ってバンコク片道1万円以下でチケットGET!!

f:id:mileman:20180730061535p:plain

今回私たち家族4人が乗った飛行機は、往路TR869/復路TR868

タイ バンコクへは成田空港第2ターミナルから、ANAJALが発着するスワンナプーム国際空港(BKK)ではなく、昔からバンコクの国際空港として存在していて最近はLCC国際線に力を入れているドンムアン国際空港(DMK)へ到着します。

この航空券をGETしたのは約4ヶ月半前の4月頭の4月8日。スクートのセールお知らせがきっかけでした。

スクートインサイダーにメールアドレスを登録することでセールのお知らせがメールで届きます。

f:id:mileman:20180729181306p:plain

そのセールタイミングを逃さずチェックすると、バンコク往復が約13,500円/人!!即決でした。

LCCのチケットを取る場合は、事前にこの日付は旅行に行けるという日付を決めて、狙った日付で席が空いていれば即決でチケットを購入する!!

この決断力が重要となります。ちょっと考えて明日購入しようとか考えると売り切れたり、チケットは基本的には時間が経てば経つほどチケットの価格が上がります。

最初にこの日程で行く!!予算はこのくらい!!と決めておくことが重要です。

また座席指定の他に、支払い手数料と言うのが意外と片道800円/人かかるのですが、4人往復で6,400円と航空券が安いだけに高額に感じます。

 

4人家族で窓際4席を座席指定!

f:id:mileman:20180729185607j:image

今回は予約時に即決した理由の一つがこの後ろ4席を取れたところ。

f:id:mileman:20180802182906p:image

B787のエコノミーは3-3-3の座席並びですが、40,41の座席は窓際2列となっていて、窓と座席の間に人ひとり通れるくらいの余裕があります。

f:id:mileman:20180729190054j:image

ここに物を置くことは出来ないのですが、足を伸ばす事ができるので長時間の移動時にはとても重宝します。子供達はここから座席移動したりしていました。早めに予約すると座席指定でも、好きな座席が選べてとても有利です。

ただ一つ難点が。一番後ろの座席は見ての通り後ろが壁の為、リクライニングするのですが少ししか倒れないんです。

予約する際に色々調べてリクライニングするので予約したのですが、リクライニング角度まではわかりませんでした orz

家族でスーツケース1つで充分

f:id:mileman:20180731074456j:image

一番安いチケットで予約したので荷物は機内持ち込みが10kgまで無料受託手荷物は有料で20kg〜35kgの5kg単位で価格が異なります。

私たちは各人リュック機内持ち込み受託手荷物20kgスーツケース1つでまかなえました。スーツケースは主に着替えですがスペースの半分くらいは空いています。その半分は帰りのお土産用スペースです。

f:id:mileman:20180731075322j:image

スーツケース1つで追加料金往復8,600円です。ANAなどでは1人にスーツケース1つは無料で預かってもらえるのですが、LCCスクートでは有料です。如何に荷物を少なくするかで費用が変わってきます。

受託手荷物は予約後いつでも追加できます。私たちも後から追加しました。ただしチェックイン当日に追加すると3割増し料金となりますのでご注意を! 

子連れはファストパスサービスを使うと便利

f:id:mileman:20180731075924j:image

これまた有料でファストパスサービスと言うものがあります。

内容は、

・チェックインカ時に、スクートビズ(ビジネスクラス)カウンターを使える

・搭乗時に、優先搭乗できる

と言うもの。

私たちは、帰りの便が深夜発だったので夜遅い時間に長時間チェックインカウンターの長蛇の列に子連れで並ぶのが大変だろうという事、

またバンコクの渋滞を考えた時、着いてすぐチェックインできるのはとても便利で、時間が読みやすいと言う事で、帰りの便のみファストパスサービスを購入しました。

結果、大正解でした。

f:id:mileman:20180731080719j:image

家族4人で2千円(500円/人)なので、2千円で時間と労力を買ったような感じです。

 

食事は食べてから乗る。お腹空いたらカップラーメンやお菓子で!

LCCですので全てのメニューが有料となります。

また通常の機内食と言われる食事は事前の予約購入が必要で、かつコスパが悪いです。。

f:id:mileman:20180731194412j:image

食事をする人も少ないのですが、中でもいいなと思うのはカップラーメンです。シンガポールドルで5ドル(400円弱)安くてお腹が満たせます。

f:id:mileman:20180731195028j:image

f:id:mileman:20180802182047j:image

私達は食事は済ませて乗り込みました。なので、機内で購入したのは飲み物と、このアイスクリーム SALTED GULA MERAKA。GULA MERAKAとはパームシュガーのことで東南アジアではポピュラーのようです。とても美味しくて癖になる味。

この後、現地では現地ツアーで作りたてを食べましたが、これまた美味でした^ ^

再びスクートに乗った時はまた食べたいと思います。

 

ちなみに食べ物ではないですがブランケットも有料です!!機内は寒いので長袖やストールを持ち込んだ方がいいです。

 

スクートのメニューはこちらを

残りフライト時間は機内wifiに繋いで無料で見れる

機内wifiに繋いで映画やインターネットを楽しむ事ができ基本的には有料ですが、ポータル画面は無料で接続でき、映画一覧などの簡単な情報を見る事ができます。

f:id:mileman:20180801180410j:image

その中でも地味に重宝したのが画面右上に出ている”目的までの時間"が表示されているところです。

長いフライトの間にちょこちょこと見ていました。

Amazon Prime Videoをダウンロードして持っていく!!

f:id:mileman:20180802181728j:image

JALなどのフルサービスキャリアと違って、座席にモニタがありません。子供たちはさすがに長時間フライトで暇を持て余してしまいます。

そこでオススメなのが、Amazon Prime Video映画やアニメをダウンロードして持って行くことができるのです。

f:id:mileman:20180802195325p:plain

AmazonPrimeVideoは有料なのですがPrime会員になれば無料で見ること、ダウンロードする事が出来ます!!

タブレットがない!という方は自分のスマホでも出来ますし、Amazonタブレットは安くておススメです

 

無事バンコク ドンムアン空港に到着!!

f:id:mileman:20180801181420j:image

入国審査官は他の空港と変わらず混雑。通過に30分ぐらいは費やしました。

ただASEAN専用レーンがあり、そちらに並んでいる人が多いので間違って並ばない様に。

f:id:mileman:20180801181808j:image

荷物を受け取り到着ロビーへ。外へ出ると人は少なめです。

ドンムアン空港は電車が国鉄の超ローカル路線しかなく時間がかかる為、エアポートバスでBTSモーチット駅へ向かいます。

そのまま”BUS”と言う案内看板に従って進み、乗り場で係りの人に「モーチット!」と言うとA1のバスへ乗れと案内されます。

f:id:mileman:20180801182223j:image

モーチットまでは30バーツ。私たちが乗った時はガラガラでした。他に4人くらいしか乗っていませんでした。

f:id:mileman:20180801182451j:image

30分ぐらいでモーチット駅に到着。ここからはBTSでホテルへ向かいました。

 

まとめ

新型機材のボーイング787

JALなどのフルサービスキャリアと同じターミナルから発着

バンコクへ往復でも1万円代で行ける

・荷物は最低限で。500円/人!コスパの高いファストパスを有効利用

・パームシュガーのアイスはおススメ!!

・モニタがないのでスマホタブレット映画やアニメをダウンロードして機内に持ち込む!

LCCに乗り慣れている方なら当たり前の事かも知れませんが、子連れでもLCCで特に不満もなくバンコク往復出来ました。

次は、いつになるか未定ではありますが、またスクートでこのブログのタイトルにもなっているホノルルへ行きたいと思います^^